無外流 顕心館

居合とは

 「居合」とは身に危険を感じ取ると如何にして素早く刀を抜くか、先または後の先の鞘放れの一刀で、敵を倒し身を守る「抜刀術」"いあいじゅつ"(居合)は、剣を修行する武士にとって必須の業であり、剣居一体"けんいいったい"といわれたのもその故である。

 「居合」は「立合」(剣術)に対しての語句である。「立合」とは両者が離れて刀を抜いてから、次第に近づき勝負を決するのであるが、「居合」は座しているときも、歩行しているときも、その場に居たまま抜刀の瞬時に勝負を決することから、「居合」と言われたのであり、当初は「抜刀術」"いあいじゅつ"と言われ「居合」の字句が定着したのは、江戸時代になってからのことである。
               <「林崎明神と林崎甚助重信」引用文>

無外流とは

 我々が稽古する無外流は、自鏡流居合(田宮流から新田宮流を経て、多賀自鏡軒盛政に至る居合) を中心に高橋赳太郎先生が、 中川士龍先生に伝承された居合です。中川士龍先生は、高橋赳太郎先生ご存命中より無外流として稽古されたものです。

業の構成<名称は、無外流居合兵道解説 昭和34年発行>
 ●『五  用』・・・・真 、 連 、 左 、 右 、 捨
 ●『五  箇』・・・・水月 、陰中陽 、陽中陰 、響き返し 、破図味
 ●『五  応』・・・・胸尽し 、円要 、両車 、野送り 、玉光
 ●『走り懸り』・・・・前腰 、夢想返し 、廻り懸り 、右の敵 、四方
 ●『内  伝』・・・・三行一到、神門、万法帰一刀
 ●『居合の形』・・・・北斗、太白、稲妻、霞、流星
 ●『脇差の形』・・・・切り留、突留、受け流し、斬り上げ、位詰

全日本居合道刀法<昭和31年制定>
 ●『刀  法』・・前切り、前後切り、切り上げ、四方切り、切先返し


来場者数



最新情報

2019/08/01
・歴史散歩更新しました。
2019/07/01
・歴史散歩更新しました。
2019/06/01
・歴史散歩更新しました。
2019/05/16
・大会記録歩更新しました。

リ ン ク